不動産担保ローン

不動産担保ローンとは

不動産ローンとは不動産を担保にして資金調達する方法です。
担保となる不動産は、自分名義の不動産だけでなく、両親や配偶者など他人名義であっても担保として提供が可能です。

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンは、金融機関から見ると、万一返済が怠った場合でも不動産という担保が有るので、リスクが抑えられるメリットがあります。
そのため、不動産担保ローンには、下記のメリットがあります。

  • 低金利での借入が可能
  • 担保に応じ、かなりまとまった金額の借入れが可能
  • 長期での借入が可能

不動産担保ローンのデメリット

一方、不動産担保ローンにも下記のデメリットがあります。

  • 不動産の審査のため融資までに時間がかかる
  • 返済できない場合不動産を失う
  • 事務手数料などの費用がかかる
  • 審査、融資までに時間がかかる

不動産担保ローンで発生する費用

不動産担保ローンでは、登記の手続きが発生するため下記の手数料が発生します。
※)金融機関により異なります。

  • 事務手数料
  • 不動産鑑定費用
  • 印紙代
  • 抵当権、根抵当権の登記費用

これらの費用は、借入額によって異なりますが、合計で数十万円程度かかってしまう場合もございます。