手形貸付・手形割引

手形貸付・手形割引

手形を使った貸付や割引で、上手な資金繰りを実現します。

手形割引とは

手形割引とは、満期前の手形を第三者へ裏書譲渡し換金することです。

  • 手形割引を依頼したものを割引依頼人(通常は手形の所有者)
  • 手形を割引いたものを割引人(通常は銀行)
  • 割引かれた手形のことを割引手形

手形割引のメリット

 手形は通常、期日まで所有していないと現金化できませんが、期日前でも現金化できますので資金繰りが楽になります。

手形割引のデメリット

 手形を期日まで所有していれば全額支払われるが、途中で換金してしまうことで満期日までの利息に相当する額や手数料が差し引かれます。
 そのため、手形売却損が発生します。
 また、信用力のある会社が発行した手形でないと、高い換金率が望めなくなります。

手形貸付とは

金銭を貸付するにあたり、金融機関に手形を担保として差しだす方法を手形貸付といいます。
この場合、手形の振出人は借主に、受取人は銀行になります。

例)
 借主  →(手形)→  銀行
 借主  ←(資金)←  銀行

手形貸付のメリット

 ・スピーディーに融資が受けられます。
 ・印紙税が安くてすみます。

手形貸付のデメリット

 ・手形貸付は信用取引ですので、信用力のある法人のみ利用可能です。
 ・返済期間が、最長でも1年以内の返済が求められます。

手形貸付の返済方法

返済方法としては「一括返済」と「分割返済」があります。
・一括返済
 期日が来たら一括して返済する。

・分割返済
 毎月定期的に返済していく。

手形貸付の利息

 支払利息は、基本的に「先払い」です。
 一括返済では、融資実行時に融資金額から差し引かれることになります。