資金調達ガイド

資金調達とは

資金調達とは

資金調達の方法は、大きく分けて「直接金融」と「間接金融」があります。

「直接金融」
株式の発行等の自己資本による調達や、社債を一般投資家に直接引き受けてもらって資金を調達する場合、資金を必要としている側(企業)と資金を提供する側(一般投資家)が直接つながっている形なので「直接金融」と呼ばれています。
「直接金融」の場合、資金提供者である一般投資家は、どこの企業の株式や社債を引き受けるかを自身の判断で決めることになり、企業の倒産などのリスクを一般投資家が直接負うことになります。
資金調達の方法は、大きく分けて「直接金融」と「間接金融」があります。

「直接金融」
株式の発行等の自己資本による調達や、社債を一般投資家に直接引き受けてもらって資金を調達する場合、資金を必要としている側(企業)と資金を提供する側(一般投資家)が直接つながっている形なので「直接金融」と呼ばれています。
「直接金融」の場合、資金提供者である一般投資家は、どこの企業の株式や社債を引き受けるかを自身の判断で決めることになり、企業の倒産などのリスクを一般投資家が直接負うことになります。

この記事を読んだ方はこちらも読まれています

    事業を立ち上げるたり、事業を運営するために必要となる経費のことです。 会社や事業の運営に必要な資金を指します。事業資金は…

    資金調達の方法は、大きく分けて「直接金融」と「間接金融」があります。 一般的に中小企業の資金調達というと、銀行からの融資…

    少人数私募債の特徴 株式会社などが債券発行の方法により関係者を限定とする49人または会社以内の投資家から長期に渡って資金…

    2012年10月にモバイル決済サービス「Coiney」をローンチしたコイニー。 同社が2月6日、総額約8億円の資金調達を…

    資金操りの重要性 資金の流れ「キャッシュフロー」は経営において最も重要なことです。 企業は、損益がどんなに赤字であっても…