資金調達ガイド

銀行が喜ぶ決算書、嫌う決算所

銀行から融資を受けるときに必ず、決算書を提出します。
銀行は、決算書を見て融資を実行するかどうか決定しますが、さて、どんな決算書を出したらいいのでしょうか?
実は、決算書には銀行が喜ぶ決算書と、銀行が嫌う決算書の2種類があります。
その違いを見てみましょう。

銀行が喜ぶ決算書
 ・銀行名や支店名が間違っていないこと
 ・預金・借入残高の金額が間違っていないこと
 ・損益計算書の当期純利益がプラスになっていること
 ・貸借対照表の純資産がプラスになっていること
 ・計上利益がプラスになっていること

銀行が嫌う決算所
 ・銀行名や支店名が間違っている
 ・預金・借入残高の金額が間違っている
 ・貸付金が増加している
 ・貸払金が増加している
 ・売掛金が増加している
 ・棚卸資産が増加している
 ・開発費が計上されている。

決算書が正しく記載されていて、かつ、資産、利益ともにプラスになっている決算書を銀行は喜びます。
もし、決算書が間違っていたら…
信用は一発で無くなりますよね~
そして、赤字で、かつ、貸付金、仮払金、売掛金、棚卸資産が増えていたら、危険ですよね~
銀行に決算書を見せる前に、まずは、一度、上記の観点から決算書を見直してみましょう。
必要があれば、税理士にご相談ください。

また、ざっくりとですが、銀行からどれくらいの融資を受けられるのか?
その算定方法を書いておきます。

融資可能金額は、
 ・年商の30~50%程度
 ・経常利益の10倍~20倍
を目安に決定されます。
パーセンテージは、業種により様々です。

例えば年商1億円、経常利益1000万円なら、簡単に計算すると
 ・年商1億円の30~50%  つまり3000万円~5000万円
 ・経常利益1000万円の10倍~20倍  つまり1億円~2億円
ですので、少ないほうの金額を取り、3000万円~5000万円なら借りられると考えられます。

まずは、銀行に借りられるのか?枠が取れるのかを確認します。
もし、銀行に断られたら?
ご安心ください。我々が相談にのります。
ぜひ、右の問合せからお問い合わせをお願いします。

この記事を読んだ方はこちらも読まれています

    借金一本化で資金調達! 借入金を複数抱えている場合、一本化することによって資金調達が可能になります。 なぜ借金の一本化が…

    事業を立ち上げるたり、事業を運営するために必要となる経費のことです。 会社や事業の運営に必要な資金を指します。事業資金は…

    会社の創業時には、どうしてもお金が必要になってきます。 最初から、銀行に融資をしてもらおうとしても、担保も無い状況の中、…

    融資の代表的な種類として、「商業手形割引」「手形貸付」「証書貸付」「当座貸越」の4つがあります。 商業手形割引とは 企業…

    銀行や信用金庫、信用組合等の金融機関以外で、貸金業務を営む金融会社です。具体的には、信販会社やクレジットカード会社、消費…