資金調達用語辞典

財務と税務の違い

財務と税務は似た言葉ですが、全くの別物です。

税務とは租税の戝課・微収に関する行政事務であり、税務の専門家である税理士は、企業の法人税や所得税、消費税等の税金の申告と、そのために必要な書類作成、事務手続きを専門としています。

しかし、財務は税務と違って税理士の独占業務ではありません。そして、税理士は必ずしも財務を十分に理解しているわけではないいう事です。
財務とは、税金を納めるためのものではありません。もちろん、税金について検討する場面はありますが、納税のための管理ではなく、企業が安定的に発展していくための必要な計数管理である資金繰り管理、予実管理、資金調達などを行います。

財務と税務やることも考えることも違うのです。財務に関しては、専門とする資格業ではなく、多くの中小企業が誰に頼んだら良いのかわからないまま、財務管理をおざなりにして経営不振を招いてしまっています。

この記事を読んだ方はこちらも読まれています

    使わない資産を処分する 必要性のない資産を処分、売却することも資金調達の方法の一つです。 ゴルフ会員権や遊休不動産、有価…

    融資の代表的な種類として、「商業手形割引」「手形貸付」「証書貸付」「当座貸越」の4つがあります。 商業手形割引とは 企業…

    事業を立ち上げるたり、事業を運営するために必要となる経費のことです。 会社や事業の運営に必要な資金を指します。事業資金は…

    銀行や信用金庫、信用組合等の金融機関以外で、貸金業務を営む金融会社です。具体的には、信販会社やクレジットカード会社、消費…

    リースと割賦の効果 設備を購入する際は、銀行や公庫等から設備資金として融資を受けるケースが多くありますが、状況によっては…