銀行融資

メガバンクとは

以前は「都市銀行」と呼ばれていましたが、最近では「メガバンク」と呼ばれることが多くなりました。首都圏、中京園、近畿園を中心に全国的に広く展開しており、400店舗以上を有しています。
一般的に預金残高が極めて莫大な都市銀行、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループの三つの銀行グループを日本の三大メガバンクと呼んでいます。

メガバンクの融資の取り込み

融資の取り組みについては、積極的な部分と消極的な部分の両面を有しています。
規模のメリットを活かして好条件を提案して他行融資の肩代わりをしたり、業績の良い企業に対しては地方銀行等が扱えないような金利で提案したり、融資を決定するまでのスピードが速い等、積極的な営業によって顧客の開拓を図ります。
消極的な部分としては、ボリュームの大きい案件を好み、融資申込金額が小さい場合は取り扱いを敬遠する傾向にあります。
創業期の会社や小規模な会社は、よほどの理由がない限り、メガバンクと付き合うメリットはあまりないと考えて良いでしょう。

メガバンクの融資金利

地方銀行、信用金庫、信用組合等の中小金融機関と比べ、プロパー融資の際の金利が低いです。しかし、業績が悪い企業に対しては金利が高いなどドライな面もあります。

この記事を読んだ方はこちらも読まれています

    銀行や信用金庫、信用組合等の金融機関以外で、貸金業務を営む金融会社です。具体的には、信販会社やクレジットカード会社、消費…

    オーダースーツネット販売のライフスタイルデザイン、4億円の第三者割当増資を実施 オーダースーツネット販売の『LaFabr…

    融資の代表的な種類として、「商業手形割引」「手形貸付」「証書貸付」「当座貸越」の4つがあります。 商業手形割引とは 企業…

    資金調達の方法は、大きく分けて「直接金融」と「間接金融」があります。 一般的に中小企業の資金調達というと、銀行からの融資…

    会社の創業時には、どうしてもお金が必要になってきます。 最初から、銀行に融資をしてもらおうとしても、担保も無い状況の中、…