資金調達ガイド

融資の種類

融資の代表的な種類として、「商業手形割引」「手形貸付」「証書貸付」「当座貸越」の4つがあります。

商業手形割引とは

企業が売上代金決済として受けた受取手形を銀行が買い取る形で資金調達を行う形態です。銀行や経営者との会話の中では「割引」や「手形割引と言ったりします。手形割引は、厳密には手形の買取であり貸付とは違いますが、銀行では融資の1つとして位置付られています。
手形割引は少々特殊な融資ですが、銀行からすると買い取った手形を期日に取り立てることで資金回収ができるため、手形が不渡りにならない限り貸倒れになることはなく、普通の融資よりもリスクが少ないため、銀行にとっては取り組みやすい融資です。

手形貸付とは

手形貸付とは、約束手形を担保に貸入れをする方法です。手形を使っていない企業の場合は貸付用の手形を用いて利用します。
貸付の手続きが簡単であり、頻繁に利用される短期融資に向けている貸付方法です。短期融資であることと手形が担保になり貸し倒れリスクが低いことから、銀行としては取り扱いやすい融資です。

証書貸付とは

証書貸付とは、「金銭消費貸借契約書」に署名、押印して銀行からお金を借りる方法です。証書を交わして融資してもらう形態ですので、証書貸付と言います。
契約書の作成、借入企業や連帯保証人の押印、印鑑証明書、登記簿等、必要なものが多く、手続きが面倒なため、主に返済期間が1年以上の長期融資に使われる方法です。

当座貸越とは

当座貸越とは、設定させた限度額までは、自由に貸金を貸したり返したりできる融資形態です。契約期間内であれば、借りた状態にもできます。
当座貸越は、必要な時にすぐに資金を借りることがので、企業側にとっては使い勝手が良い一方、銀行にとっては、リスクに高い融資ですので、財務内容の良い企業でなければ審査は売りません。
当座貸越の契約期間は、多くは1年で、期間が満了したら更新の手続きが必要です。財務内容が悪化し更新できない場合には、貸越残高を長期融資に変更し、分割弁済を行うことになる場合が多いです。

この記事を読んだ方はこちらも読まれています

    銀行や信用金庫、信用組合等の金融機関以外で、貸金業務を営む金融会社です。具体的には、信販会社やクレジットカード会社、消費…

    動産担保融資 動産や債権を担保として行われる融資をABL(アセット・ベースト・レンディング )と言います。ここ数年でかな…

    銀行から融資を受けるときに必ず、決算書を提出します。 銀行は、決算書を見て融資を実行するかどうか決定しますが、さて、どん…

    以前は「都市銀行」と呼ばれていましたが、最近では「メガバンク」と呼ばれることが多くなりました。首都圏、中京園、近畿園を中…

    資金操りの重要性 資金の流れ「キャッシュフロー」は経営において最も重要なことです。 企業は、損益がどんなに赤字であっても…