資金調達ガイド

建設業の簡単資金調達

建設業の方は、資金調達で困る場合が多いです。
工事を請け追っても、実際に工事の売上が入金されるまでに数ヶ月という時間がかかります。

1.工事を請け負う
2.資材を調達する(出金)
3.工事を実施する(仕事)
4.協力会社に支払う(出金)
5.社員に給料を払う(出金)
6.工事が終わった後、売上げが入金される(入金)

このような仕事の流れになっているから、資金繰りがとても苦しい…..
仕事をするには資金が必要・・・
でも、仕事の入金は2ヶ月先、3ヶ月先があたりませ・・・

とても苦しい状況に追い込まれます。
そこで、資金繰りをしようと、いろいろな努力をすることとなります。

・銀行からお金を融資してもらう。
・機材を売る。
・工事を実施した後の売掛金を売却する

銀行から融資を受けるには時間がかかりすぎます・・
機材を売ってしまっては、不要なものならいいのですが、現実問題、次の工事が請けられません。
そこで、入金されるべき売上げをファクタリングで売却してしまいます。

この売掛金を買い取ることをファクタリングといい、今、本当に多数の会社がございます。
※)詐欺みたいなファクタリング会社もありますので、注意してくださいね。

ファクタリングにおける最新の掛け率は、どの会社も、80~90%程度のようです。
何度か利用して信用があるファクタリング会社なら、かなり高い掛け目で買い取ってもらえますし
初めてのところでは、掛け目を抑えられるかもしれません。。

まずは、いろいろなファクタリング会社に問合せをしてみることが大切です。
安心安全のファクタリング会社を下記にかいておきますので、資金繰りに困ったらぜひ、お問い合わせください。

【No.1】Qpa
 http://qpa.jp/

【No.2】ファクタリング東京
 http://factoring.tokyo/ 

【No.3】リプラン
 http://factoring-replan.jp/

この記事を読んだ方はこちらも読まれています