銀行融資

日本政策金融金庫の創業計画書のポイント

創業企画書の作成ポイント

日本政策金融金庫の創業企画書を書く際、金融機関の担当者は、世の中の全ての事業に知識を持っているわけではありません。相手がその業界について、全くの素人でもわかるような、丁寧な説明を心がけなければなりません。
専門用語などはできるだけ使わずに説明しましょう。
どんなに利益の出るビジネスモデルでも、第三者に伝われなければ意味がありません。

1 創業の動機

日本政策金融金庫の担当者が重視している部分であり、創業についてしっかり考えているか等をチェックします。担当者が見たときに内容がわかるように書くことが重要です

2 経営者の略歴等

経歴書のような箇条書きでよいので、会社名と勤務年数等を書きます。
具体的にどのような仕事に携わってきたか、その会社で学んだ経歴を創業にどう活かすことができるのかを書くべきです。

3 取扱商品・サービス

【取扱商品、サービスの内容】

取り扱い商品、サービスの具体的な内容を書きます。
品揃え、品質、ターゲット層、価格帯、ライバルとの比較など

【セールスポイント】

商品、サービスの具体的なセールスポイントをアピールします。

4 取引先・取引条件等

現時点で決まっている、または予定している販売先、仕入先を記載します。
担当者は回収条件、支払条件を確認することで、その会社の将来的な資金繰りがおおよそ予測できます。

5 従業員

常務役員。従業員社員、パート・アルバイトのそれぞれを記載します。

6 お借入の状況

住宅ローン、オートローン、カードローン、教育ローン、消費者ローン等の、事業資金以外の借り入れ内容を記載します。

7 必要な資金と調達の方法

【設備資金】

創業するために必要な、設備とその金額を書きます。
すでに購入している場合は、こ運輸した金額を書きます。購入予定であれば見積額を記載します。

【運転資金】

事業が稼働し出した時の運動資金を書きます。

【自己資金】

自己資金として持っている金額を書きます。
あくまで、事業に投資する金額です。

【親、兄弟、知人、友人からの借入】

借入れがある場合、その借入金額及び返済方法を書きます。

【日本政策金融公庫国民生活事業からの借入】

日本政策金融公庫に融資を申し込む金額を書きます。

【他の金融機関からの借入】

日本政策金融公庫以外からの借入れがある場合書きます。

8 事業の見通し

創業当時は赤字でも問題ありませんが軌道に乗った後、返済可能な利益が出ていないとなると、その融資は返ってこないと判断されてしまいます。

この記事を読んだ方はこちらも読まれています

    会社の創業時には、どうしてもお金が必要になってきます。 最初から、銀行に融資をしてもらおうとしても、担保も無い状況の中、…

    銀行から融資を受けるときに必ず、決算書を提出します。 銀行は、決算書を見て融資を実行するかどうか決定しますが、さて、どん…

    借金一本化で資金調達! 借入金を複数抱えている場合、一本化することによって資金調達が可能になります。 なぜ借金の一本化が…

    事業を立ち上げるたり、事業を運営するために必要となる経費のことです。 会社や事業の運営に必要な資金を指します。事業資金は…

    銀行や信用金庫、信用組合等の金融機関以外で、貸金業務を営む金融会社です。具体的には、信販会社やクレジットカード会社、消費…