資金調達TIPS

株式会社FiNC総額20億円強の資金調達

〜AIを活用したウェルネス・ヘルスケアアプリ「FiNC」の開発・マーケティングを加速〜

株式会社FiNC(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:溝口勇児 以下「弊社」)は、本年サービス開始予定のコンシューマ向けウェルネス・ヘルスケアプラットフォームアプリ「FiNC」の開発および提供に向け、カゴメ株式会社、第一生命保険株式会社、トヨタ自動車株式会社・株式会社三井住友銀行を主要投資家とする未来創生ファンド、明治安田生命保険相互会社、ロート製薬株式会社および限られた有力個人投資家から総額20億円強の資­金調達を実施した※1ことをお知らせいたします。

弊社はこれまで、「一生に一度のかけがえのない人生の成功をサポートする」をビジョンに掲げ、遺伝子検査など各種検査や生活習慣問診および健康診断などの結果と、ライフログなどのパーソナルデータを包括的に分析し、その結果を基にヘルスケアの専門家や人工知能(AI)が最適な生活習慣改善の提案を行なってまいりました。

本年、創業以来弊社が準備を重ねてきたコンシューマ向けウェルネス・ヘルスケアプラットフォームアプリ「FiNC」の提供を予定しています。この度、新アプリ「FiNC」の開発および提供に向け、以前から取引のあった新規および既存株主、また個人投資家からの資金調達を実施いたしました※1。今回の資金調達で得た資金は、人工知能(AI)領域のさらなる投資や、ウェルネス・ヘルスケアプラットフォームを強化するための事業拡大、マーケティングやプロモーション活動などに充当する予定です。

また、今後は引受先企業とヘルスケア分野での人工知能を活用したプロダクト開発・サービス面で、さらに強固なパートナーシップを構築してまいります。
今後もFiNCは、事業展開を一層加速させていくと共に、世界一のウェルネスカンパニーを目指し邁進してまいります。

https://finc.com/news/8099

この記事を読んだ方はこちらも読まれています