ファクタリングとは

今注目のファクタリングとは?

test02

早期の資金調達が可能で、自社の信用にも影響を与えないことから注目されている「ファクタリング」。しかし、比較的新しい資金調達法のため、どういったものか知らない方も多いかと思います。
そこで、ここではファクタリングについて解説。今注目の資金調達法である理由を紹介します。

ファクタリングガイド

ファクタリングの基礎知識についてご紹介致します。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、企業が保有している売掛金をファクタリング会社に売却し、即日資金を手にいれることを言います。
1ヶ月先の売掛金、2ヶ月先の売掛金、もっと長い期間の売掛金、困ってしまいますよね。。
その売掛金を売却し、現金を手に入れます。これが、ファクタリングです。

ファクタリングの重要なポイント1

ファクタリングは売掛金を買い取るサービスです。
そのため、厳しく審査されるのは自社ではなく、売掛金を出した相手先の企業になります。
会社が赤字でも、債務超過でも、どれだけ借入金があっても、どこの金融機関に相手にされなくても…
ファクタリングなら、審査も怖くありません。

ファクタリングの重要なポイント2

売掛金をファクタリング会社に売却しますので、売掛金の早期資金化によるキャッシュフローの改善が行えます。
この際、通常の銀行借入のように担保を請求されることもありません。
債権の回収期日まで資金化できない売掛金や受取手形を期日前に資金化できます。

ファクタリングの形式

ファクタリングには2社間契約と3社間契約の2種類があります。

■ファクタリングの流れ(3社間契約)

  1. 商品やサービスを提供して売掛金が発生する
  2. 売掛金保有企業・売掛先企業・ファクタリング会社間で売掛金金額を確認し、ファクタリング契約を締結する
  3. ファクタリング会社から売掛金保有企業に売掛金が早期に支払われる
  4. 売掛先企業からファクタリング会社に売掛金が支払期日通りに支払われる

■ファクタリングの流れ(2社間契約)

  1. 商品やサービスを提供して売掛金が発生する
  2. 売掛金保有企業とファクタリング会社間で売掛金金額を確認し、ファクタリング契約を締結する
  3. ファクタリング会社から売掛金保有企業に売掛金が早期に支払われる
  4. 売掛先企業から売掛金保有企業に売掛金が支払期日通りに支払われる
  5. 売掛金保有企業からファクタリング会社に手数料が支払われる

ファクタリングのデメリット

早期に売掛金を現金化できるファクタリングにも、下記のデメリットがあります。

1.手数料
ファクタリングにより、企業はファクタリング会社の利益となる手数料(掛け目)が必要になります。
この手数料は一般的には売掛金の75%~99%前後です。この数値は売掛先企業の与信状態によって異なります。

2.債権譲渡通知
3社間取引の場合、売掛債権保有企業がファクタリング企業に売掛金を売却する時に、売掛先企業に売却の通知を行う必要があります。
※)2社間取引では、売掛先企業への通利はありません。

3.債権譲渡登記
3社間取引の場合、売掛金譲渡に伴い債権譲渡登記が必要になる場合があります。
この債権譲渡登記は、登記して抹消する必要がありますが、法務局に支払う手数料が必要になります。
※)2社間取引では、債権譲渡登記は必要ありません。