資金調達

資金操りの重要性

test02

企業は、損益がどんなに赤字であっても資金繰りが回っている間は、倒産することはありません。しかし、損益がどんなに黒字であっても。資金繰りが詰まれば黒字倒産します。
資金繰りが回らずに、黒字倒産は現実によく起こることです。黒字倒産にならないためにも資金操りの重要性を理解し、会社のお金をうまく回すことが、経営者の最大の使命です。

資金調達ガイド

資金調達の基礎知識についてご紹介致します。

資金調達とは

事業を立ち上げるたり、事業を運営するためは事業資金が必要です。
企業は、事業運転資金や設備資金、仕入資金などを自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければいけません。
企業が活動するために必要な資金を外部から得ることを「資金調達」と言います。

資金調達方法

資金調達の方法は、大きく分けて「直接金融」と「間接金融」があります。
一般的に中小企業の資金調達というと、銀行からの融資を思い浮かべますが、その他にも様々な手段があります。
ここでは中小企業が活用し得る代表的な「直接金融」と「間接金融」そして「助成金・補助金」の資金調達手段をご紹介致します。

第三者割当増資とは

第三者割当増資とは、株主であるか否かを問わず、ある特定の第三者に対して企業が新株を発行して資金調達を行う方法のことを言います。
取引先・取引金融機関・自社の役職員などの縁故者にこの権利を与えることが多いことから、「縁故募集」ともいう。上場会社の場合は、資本提携や事業支援・会社再建のために資金調達を必要とする場合におこなわれることが多い。また、敵対的買収の対象となった会社が、買収会社の持株比率を低下させるべく、防衛策の一環としてホワイト・ナイト(白馬の騎士:対象会社にとって友好的な事業戦略上のパートナー等)に対しておこなう場合もある。

社債とは

会社が資金調達を目的として、投資家からの金銭の払込みと引き替えに発行(起債)する債券である。狭義には、会社法の規定するものをいう。
社債は、基本的には資本である株式と異なり、発行企業から見ると負債(借入れ、借金)となる。ただし、転換社債は株式に転換されると負債から資本に組み入れられて増資になる。銀行などからの単なる融資と異なって、社債は流動性がある。つまり社債を購入する投資家は、それを市場で売っていつでも現金化できる。銀行による融資は借入金と書かれて社債と区別される。