会社経営に必須!「資金調達」

資金調達とは

事業を立ち上げるたり、事業を運営するためは事業資金が必要です。
企業は、事業運転資金や設備資金、仕入資金などを自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければいけません。
企業が活動するために必要な資金を外部から得ることを「資金調達」と言います。

資金操りの重要性

資金の流れ「キャッシュフロー」は経営において最も重要なことです。
企業は、損益がどんなに赤字であっても資金繰りが回っている間は、倒産することはありません。しかし、損益がどんなに黒字であっても。資金繰りが詰まれば黒字倒産します。
資金繰りが回らずに、黒字倒産は現実によく起こることです。黒字倒産にならないためにも資金操りの重要性を理解し、会社のお金をうまく回すことが、経営者の最大の使命です。

資金操調達が必要になる場面

事業から得た利益による資金だけで資金繰りを回すことが出来れば理想的ですが、実際の会社経営において、自らあげた収益のみで資金繰りを回すことは難しい事も多いです。一時的にまとまった資金を必要とする場合、外部から資金調達をして事業を展開させます。
そのため、必要な時に資金調達をできる力がなくては、資金繰りをうまく回すことができず、経営を順調に発展させることが難しくなります。
例えば、売上を拡大させるチャンスが訪れた時、チャンスをものにするために商品を大量に仕入れなければならないという場面は多くあります。通常、モノを仕入れてから売ります。一般的な支払いと入金の順序は、仕入支払の期日が先に来て売上入金が後に来るので、売上金が入金する前に仕入れ代を支払わなければなりません。このタイムラグにより発生する運転資金を安定的に確保するかは、事業の発展において重要な課題です。

先払いとなる仕入代に対応する資金が手元に十分あれば良いのですが、なかなかそのような中小企業はありません。仕入代を支払うための資金がないのであれば、どこから資金調達をする必要があります。
必要な時に、必要な量の資金を調達する力のある企業体質を構成することは、極めて重要な経営課題と言えます。

中小企業の資金繰りの要は、金融機関からの融資

中小企業にとって資金調達の正攻法は、一般的に政府系金融機関である日本政策金融公庫や、銀行や信用金庫、信用組合などからの融資です。
日本では海外に比べ、投資家による中小企業への投資活動は活発ではありません。そのため、日本では古くから銀行が資金供給者としての融資を行なっております。
日本の中小企業における資金調達環境は昔と比べ大きく変わっていません。最近では、ベンチャーキャピタルやエンジェルといった投資家が有望な中小企業に投資することが増えていますが、それでもごく一部です。
一般的な中小企業は、まずは金融機関からの融資を検討したら如何でしょうか。