目的から探す

今、あなたに最適な方法は?「目的別」資金調達の事例集

test02

資金調達にはいくつかの方法がありますが、目的や段階に応じて調達の方法を使い分ける必要があります。ここでは、企業資金、運転資金、そしてつなぎ資金の調達に成功した事例を紹介しています。それぞれのケースに適した資金調達法もあわせて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目的別一覧

目的別で資金調達方法をご紹介致します。

起業資金

会社や事業を立ち上げる初期費用に充てられるのが、起業資金。起業資金用の金融商品が用意されていたり、企業家向けの助成金・補助金もあります。
個人投資家や投資ファンドから資金を得られることもありますが、実績や担保のない個人が起業資金を調達する場合、公的機関などの融資を利用することが多いようです。

運転資金

無事起業にこぎつけたあとも、会社を回していくためには運転資金が必要です。運転資金の捻出は、経営者にとって頭の痛い問題。
起業時と同様に、簡単に融資を受けられるわけではありません。この場合も、日本政策信用公庫や信金、商工会議所、信用保証協会などを利用することになるでしょう。

つなぎ資金

売掛金の決済が遅れているにも関わらず、運転資金などの支払いが近づいている、でも支払うだけの資金がない…
そんなときに利用するのが、つなぎ資金の融資。短期返済で、スピーディに融資が受けられる方法での資金調達を行えます。